夢でも幻でも出会い系サイト

「夢と現」

目の前で触れることが出来るなら

その感触を確かめることが出来るなら

夢でも幻でも出会い系サイト

現を抜かしていたいのです

現を脱がしてくれるのは

あなたでないと駄目なのです

KBS京都で京都商工会議所の視察旅行の模様を放送していました。

参加者は大企業のお偉方というよりも中小企業の親父さんたちといった感じで、工場でも熱心に視察していました。

京都からタイに進出して20年という会社の方が、タイ駐在「三つのあ」について説明していました。

それを聞いてしばし絶句してしまいました。

「あせるな」
「あきらめるな」
「あたまにくるな」

橿原の市名は橿原神宮から来ています。

神武天皇を祀った橿原神宮は明治になって創建された比較的新しい神社。

神武天皇陵も含めて周囲は美しく整備されています。

大日本帝国栄光の名残といえましょうか。

出会い系サイトで90センチのバストを

2月17日
土曜日。
朝8時半。起きたら頭痛は消えていた。
やはり飲み過ぎか、さもなくば薬と相性が悪かったか。
午前中は寝倒れてましたが、
昼からはちゃんと起きていて出掛けられたので良し。
羽生の金メダルでテンション上がったな~。
明日は頑張ります。

春麗はエポックメイキングで印象的なキャラだが、
「セクシー」と言うのは違うと思う。
不知火舞とモリガンはまぁ納得。
自分なら、出会い系サイトで90センチのバストをビキニアーマーに包んだ
「ナックルヘッズ」のクローディア・シルバを一番に挙げる。

元職場の同僚が、私が退職する事を伝えたところ
記念にと一席設けてくれたので京橋まで行ってきました。
もつ鍋で乾杯。
実に2年半休んでいたので、
その間ほぼ会っていなかったのですが
こうして気に掛けてくれるのは有難い事です。

出会い系サイトでスッキリ

『ふぃー』

余裕がない
休みもない
あーイヤだイヤだ(笑)

余裕が欲しい
休みも欲しい
そんな気分がたっぷり(笑)
サボりたいじゃないよー

ふぃー

『寝坊』

とにかく眠った
だから二度寝した
遅刻はしない程度に(笑)
幾分出会い系サイトでスッキリした
沢山寝たいな

『うー』

お腹の調子が良くない(笑)
寝冷えかなー(笑)
もうっっっっ

『ねみー』

はぁ眠い眠い
寝たい寝たい
頑張り時かー
一息つきたいな
いや、十息かな?(笑)

anzu様からいただきました゚・*:.。❁とってもかわいいイヤリングです💕💕お祖母様が編みあみして購入代金は震災の義援金になるそうです( ˶ˆoˆ˵ )素敵な取り組みです゚・*:.。❁ お花も好きでこのカラーも模様もお気に入り(´,,•ω•,,`)他にも色んなカラーありましたよ♫
素敵便ありがとうございます顔(願)

出会い系サイトご馳走様

クリスマス今日はクリスマスでっす。

我が家では、今日ささやかにパーティーぴかぴか(新しい)

チキンの丸焼き、ピザ、サラダなど・・・

ワイングラスワインもちょっといただきました。

今年の鶏はとてもうまく焼けていて、最高でしたexclamation ×2

長男が活躍してくれました。

最後にアンテノールのケーキで〆

美味しかった~~~exclamation ×2

出会い系サイトご馳走様でした~。

クリスマスメリークリスマス!

今日はイブ・・・ですが。

今日も仕事だった僕。

夜になって、雨が降り出しました。

もう少し寒ければ、雨は夜更けすぎに~、雪へと変わるだろう~~♬

でも、温かでした。

我が家では、みんなの都合を考慮して、明日チキンを焼くことになってます。

本日は、「天皇誕生日」で祝日です。

あっそうそう、昨日は冬至だったんですが、ゆず湯も南瓜も、全くなんもなしでした。

2019年4月末の天皇の退位が正式に決まったので、今年と来年までが、この日の天皇誕生日は最後となるんですよね。

因みに、次は2月3日が天皇誕生日となる為、1回天皇誕生日のない年が発生します。

どうするのか、まだハッキリは決まってないようですが、1日お休みが減るのはちょっと損した気分ですよね。

とりあえず、今日も僕は仕事ですが・・・

ちょっと前まで出会い系サイトで

なーんか休みのたびに雨ですなあ。

昨日は会社の人たちと久しぶりにテニスだったのに、
夜からの雨で中止に。

会社の人たちとするのは1年ぶりだったのに・・・残念だ。

この週末も雨っぽいし、やだねえ。
もう雨の日に行くところ無いっての。

寒さもいきなりやってきて、朝には3℃とか。

いやいや。ちょっと前まで出会い系サイトで日中の最高気温25℃とかだったでしょ。

ぼちぼち洗車でもしてタイヤ換えようかなとか思っていたが、
寒くてタイヤ交換も洗車も面倒くさくなってきたw

さて寒くなると、夜にチビリと飲むものは温かいほうがいいかななんて。
普段はほとんど飲まないが、たまに飲むときはウィスキーが多い。

夏場は夕方に炭酸水を作って飲むことが多く、
その残りを使ってハイボールにしたり。

でも、これからの寒い季節にハイボールや水割りってのもなあ。

しかし、好きな芋焼酎のお湯割りではちょっと重たすぎる。

出会い系サイトはひとり

一過したのは、静岡では午後。朝は酷かった。
出勤に車を使えたので被害は少なかったが、正直休みたかった(笑)

さて、出勤した。9時になった。

・・・・・。

事務所に・・・・・・ 俺 だ け ?

なんで?課長は?フロアマネージャーは?

いやそりゃーさ、確かにさ、
今日は通勤が困難だったら休んでも良い日ではあったけど。

そして、夕方になった。
書類を片付け、事務所を施錠して帰宅した。
最後まで出会い系サイトはひとりだった

さすがに今日は早く帰れ、と会社を追い出された。
「明日はバイクじゃなくて車にしろ!」
へいへい、わかってます。今日も車でしょうが。

会社の帰りに馴染みの駐車場のおじさんに声をかけられた。
「七夕豪雨って知ってる?」
ああ、伝説の(笑)七夕豪雨ですか。静岡に唯一あった観光リフトが
リフトの土台ごと崩れて使えなくなってしまったんですよね。

あるべき出会い系サイト

止まり木生活で、恋愛感情っていう体裁を整えた、自己愛しか持ってない人と関わってたけど、こっちの方がまだマシだったかも。
一般論じゃなくてその人の自分ルールだから分かりやすいから。

その後どうなったっていうと、自分ルールを開発する。
SNSで人と関わることはその頃ずっとやってたから、その人が匿名的な世界でどう言葉を扱うのかっていうものさし。

単なる文章力がある人をサーチしてるんじゃなくて、その人が言葉をどういう風に扱うのかっていうもっと人格に寄ったことを見てる。それが自分に好みだったら直に話してみたいなって思う。

で、その最上級の出会い系サイトが彼の人だった。
発見されたのか発見したのかは分からんけど、あの文章残ってれば良いのにって今や関係ないのに思う。

みてくてもたまたま好みだったけど、見てくれが悪くても普通に好きだったっと思う。ただ、存在で物理的に場所をを取っててなにも思わない人だったらどうか分からない。

占いと出会い系サイト

一緒に幸せになるのが恋愛
一緒に不幸になるのが不倫

相手を思う愛情に忠実なのが恋愛
自分の欲求に忠実なのが不倫

責任を持って自制するのが恋愛
責任を放棄して暴走するのが不倫

一緒にいた証を残していくのが恋愛
一緒にいた証を残せないのが不倫

人として成長し合うのが恋愛
人として堕落し合うのが不倫

理性的に行動できるのが恋愛
感情的な行動しかできないのが不倫

精神的に成熟していなければできないのが恋愛
猿でもできるのが不倫

その人の周りの人達も愛していくのが恋愛
自分達のことしか考えられないのが不倫

不倫は恋愛ではありません
恋愛ができない人が出会い系サイトしてしまうのが不倫なのですよ

出会い系サイトの海外ドラマ

太ったと。

爆。いや、爆、じゃない。まったく笑えない。シャツがやばい。ズボンがやばい。スラックスに乗っかる肉で張り詰めたシャツのエロさがやばい。

明らかにストレスかなにかで完全に太ってしまったグラビアアイドルのようなエロさが出ている。

まあ、それをエロいと思うかどうかは各人の判断に委ねたい。おデブの境界線がどこにあるのか。
それは意外と難しいのではないのかと思う。
いや、その、恋愛関係とか、職場の関係とか、たぶん友達だったらデブっていうだろうな。気軽に。

まあ、難しい境界線でありますが。

結構ミスが目立つ、同じミスを繰り返すなとやんわり言われるがこれがなかなか。パソコンの操作が難しい。レジと受け付け?の機械が独立していて、なかなか。
中々だ。

十四年前に高校生のころインターネットが使えず生協のネット注文を切れたりしながら教えた自分を恥ずかしく思う。
パソコンは今も苦手だ。自分でパソコンを組み立てたから、まあ、父の協力が八割くらいありましたが、それのせいで自分はなんかパソコンが詳しいんじゃないか、多少ブラインドタッチの死にかけができるから俺はIT長者なんじゃないかと。

思っていましたが、違う。おじいちゃんだ。

おじいちゃんだよ。時代についに置いて行かれた。最近はアニメも観ず本ばっかり読むし。と、言いながらボーンズ新シーズンのDVDをむさぼる。

止まらないぜ、出会い系サイトの海外ドラマ(笑)!

出会い系サイトの感想

物語りの滑り出しは出会い系サイト、
これ、書いてる自分に酔ってない?
というか、けっこうな上滑りなんだけど…
という印象だった。
ヒロイン登場までは。

ヒロイン沙希が登場してから物語が動き出す感じ。
終始、主人公永田くん視点からの結構一方的な
感想、感情、迷いなどなどで彩られるのだけど、
これがまた、なんでそんなにひねくれる?
と思うような思考で、読んでいてイライラした(^^;

主人公は演芸作家という設定なのだが、
その主人公の物語の作り方が
前衛的というか、抽象的というか、
僕の知らない世界だったなぁ(^^;

沙希がいてくれたので、
読み進めることができたという感じか(^^;

そういう思い方をする人間もいるのかもしれない。
と思えば、まあ日常の恋愛モノとして、
普通に読める話だと思う。

Amazonレビューを見ると、
「泣いた」って感想がちらほらあったのだけど、
残念ながら僕は泣けなかった。
たぶんツボが違うのだろう。

又吉氏の作品としては「花火」の方が好きかな。