太ったと。

爆。いや、爆、じゃない。まったく笑えない。シャツがやばい。ズボンがやばい。スラックスに乗っかる肉で張り詰めたシャツのエロさがやばい。

明らかにストレスかなにかで完全に太ってしまったグラビアアイドルのようなエロさが出ている。

まあ、それをエロいと思うかどうかは各人の判断に委ねたい。おデブの境界線がどこにあるのか。
それは意外と難しいのではないのかと思う。
いや、その、恋愛関係とか、職場の関係とか、たぶん友達だったらデブっていうだろうな。気軽に。

まあ、難しい境界線でありますが。

結構ミスが目立つ、同じミスを繰り返すなとやんわり言われるがこれがなかなか。パソコンの操作が難しい。レジと受け付け?の機械が独立していて、なかなか。
中々だ。

十四年前に高校生のころインターネットが使えず生協のネット注文を切れたりしながら教えた自分を恥ずかしく思う。
パソコンは今も苦手だ。自分でパソコンを組み立てたから、まあ、父の協力が八割くらいありましたが、それのせいで自分はなんかパソコンが詳しいんじゃないか、多少ブラインドタッチの死にかけができるから俺はIT長者なんじゃないかと。

思っていましたが、違う。おじいちゃんだ。

おじいちゃんだよ。時代についに置いて行かれた。最近はアニメも観ず本ばっかり読むし。と、言いながらボーンズ新シーズンのDVDをむさぼる。

止まらないぜ、出会い系サイトの海外ドラマ(笑)!